HOME > 園児がまなぶこと
園児たちの生活

園児がまなぶこと

子どもにとっては毎日が学習であり、幼稚園でのできごとは学習の積み重ねであるといえます。
大阪府枚方市の幼稚園「学校法人長尾学園 長尾幼稚園」では、園児の情操教育に力を入れ、あそびの感覚で芸術やスポーツの学習に取り組んでいます。
ここに、当園で子どもたちが学ぶ様々な学習を紹介します。

造形

大阪信愛女学院短期大学講師、舟井賀世子先生をお迎えし、造形活動に取り組んでいます。大きな画用紙に子どもたちみんなで思いっきり絵を描いたり、廃品や段ボールなど、様々なものを工夫して作ることにより、創造性や自主性を伸ばします。


音楽

奈良教育大学講師、原田和則先生をお迎えし、情操教育に取り組んでいます。生活発表会に向けて、歌や楽器の練習をしています。歌や楽器は、親しみやすいものや珍しいものなど年齢に応じて取り組むようにしています。タンバリン、木琴、大太鼓、中太鼓、シンバル、マリンバ、ベルリラなど、幅広い楽器を学ぶことができます。

英語

外国人講師の先生(3〜5歳対応)や日本人講師の先生(3歳対応)を迎え、週1回の英語指導で楽しく学びながら、ネイティブな英語に慣れ親しみます。英語の歌をうたってリズムを楽しみながら学んだり、おなじみのゲームを英語を使いながら楽しんだり、自然な会話に慣れる時間を多くとっています。


体育

株式会社エルステップスの講師、古川先生を迎え、楽しくあそびながら心と体を鍛えます。
マットや跳び箱、鉄棒、縄跳びなどに取り組みます。ボールを使った簡単なゲームから始め、年長になると、サッカーやドッジボールなど、チームで対戦する球技にも取り組みます。


その他

5歳児は石井方式の漢字絵本を通して、文字あそびを楽しみます。漢字やひらがなの書き取りを学び、楽しみながら数字に親しんでいく数あそびも取り入れています。

園児たちの生活

ページトップへ